いつき整体院ロゴ
埼玉県上尾市の整体院 いつき整体院
ご案内
肩こりの原因


 肩こりにはさまざまな原因がありますが、 肩こりにならない為には日頃の姿勢を良く保つ事が大事な事です。
運動不足による筋力低下も原因になりますので、運動を心がけてください。
 時間が取れる方は日頃より全身のストレッチをお勧めしますが、時間が取れない方や同じ姿勢で仕事をしなければならない時には、一時間毎に、腕を広げ、手のひらを上にしてから腕をゆっくり後ろに引いていき、10秒数えて戻す運動を2、3セット行ってみてください。
 また、ストレス・冷え・長時間の不良姿勢・筋肉の使いすぎも肩こりや肩の痛みの原因となりますのでご注意下さい。

肩こり体操
 肩こり体操@
1.肘を肩の高さに上げ、ドアの枠
  等に掛けます。
2.息を吐きながら身体を前に倒し、胸の筋
  肉を伸ばします。
  5〜10秒程度伸ばしたら戻します。
肩こり体操1 肩こり体操1−2肩こり体操1−3
 肩こり体操A
息を吐きながら腕を広げ、手のひらを上に向けながら腕をゆっくり後ろに引いていき、10秒数えて戻します。
肩こり体操2
 肩こり体操B
1.手を上げます。
  ※この時、腰を反らないよう注意。

耳の横まで上がる
肩こり体操3−1 ×
肘が曲がってしまい上がらない
肩こり体操3−2

2.上がらなかった場合は、側部筋肉の伸張をします。
  赤色部を意識しながら伸ばします。(左右)

肩こり体操3−3

3.手を上げ、先ほどの状態と比べます。


 肩こり体操C
 片方の手を、手のひらが上になるように伸ばし、もう片方の手で肘と手首の間を外側にねじるようにマッサージをします。
肩こり体操4

 肩こり体操D ※なで肩の方はEの運動へ
 肘を90度に曲げ、肩の高さまで上げます。
肩甲骨と肩甲骨を付けるようにしながら、肘と共に肩甲骨を下げていきます。
この時、手の平を上になるように捻ります。
肩こり体操5

 肩こり体操E ■なで肩の場合
 肘を90度に曲げ、肩の高さまで上げます。
肩甲骨と肩甲骨を付けるようにしながら、肘と共に肩甲骨を上げていきます。
肩こり体操6

頸肩腕症候群

 一般的な肩こりで、同じ姿勢で同じ筋肉を使用することにより筋肉疲労が起こり、肩腕などにコリや痛みを起こします。
 コリがひどくなると、頭痛や不眠の原因にもなります。
また、ストレスなども大きく影響しますので、ストレスを溜めないように心がける事も必要です。

変形性頸椎症

 頸椎は運動範囲が広く、頭(約6s)を支えているので変形性脊椎症を起こすことがよくあり、肩こりの大きな原因になります。
変形性の頸椎症は高齢者に多い病気で、肩こりや後頭部の痛み、手のしびれなどの症状もでます。

症状とその原因

 首の痛み
頸部椎間板ヘルニア・鞭打ち症など
 肩関節の痛み
五十肩・急性肩関節炎・化膿性関節炎など
 肩の痛み
慢性腎炎(左)・胆石症(右)・肺炎・胸膜炎・耳疾患など
 首・肩・腕の痛み
頸肩腕症候群・変形性頸椎症・胸郭出口症候群・心筋梗塞・狭心症

その他の原因

鞭打ち症・高血圧・更年期障害・心筋梗塞・狭心症など

いつき整体院
整体師 岡戸 斎
埼玉県上尾市中妻1-9-1-101
TEL 048-771-5917
受付開始:AM 9:30〜
いつき整体院QRコード
■当サイトで使用している画像および、テキストの無断転載を禁止します。
Copyright (C) 1999-2013 いつき整体院 All Rights Reserved