☆足と健康☆

足と健康足には、数多くの血管が張りめぐられています。足を使うと、筋肉の伸び縮みによって、下肢の静脈の血液を上方へ戻すミルキング・アクションが起り、さまざまな効用があります。面倒がらずになるべく歩くようにしましょう。

☆効 果☆
1.呼吸が活発になるため、心臓や肺等の働きがよくなる。
2.脳が活性化する。
3.筋肉を動かす事により血行がよくなる。
4.血行が良くなる事で、血管が太く柔軟になり、心臓病や動脈硬化を予防する。
5.自律神経を整える。
6.脂肪を燃焼させる。
7.筋肉をひきしめる。
8.脳内ホルモンの分泌を活発にし、ストレス解消にもなります。
9.筋肉や骨格を強くする。
10.骨に刺激をあたえるため、カルシウムの吸収を高め骨粗鬆症等の予防になります。

☆土踏まず☆
土踏まずはいくつもの骨と関節、筋肉、靭帯が一体となって、強く柔軟なアーチを形つくり、歩く時などの衝撃の緩和をしています。足が着地する際には地面から受ける衝撃は大きく、ジョギングしているときには体重の3倍もの荷重が加わるといわれています。このため、アーチの弱い(偏平足)人は偏平足ではない人よりも疲労度が強く、足全体に負担をかけてしまいます。
☆土踏まずをつくる運動☆
両足の指を全部一緒に曲げ伸ばしながら指の力だけで前方に進みます。床にビー玉をばらまき、足の指だけでビー玉を拾います。
足指歩行
1.足 画像
2.足 画像2
3.足 画像3
4.足 画像4


トップページ

腰痛体操

ストレッチ



いつき整体院
048-771-5917